機友会について

機友会について

会員

通常会員、学生会員、推薦会員、賛助会員合わせて、2013年度現在 約25,000名

目的

会員相互の親睦向上、学術技芸の発展に寄与する。

行事

会員相互の親睦をはかる各種会合、学生の課外活動支援、研究発表会、講演会、シンポジウム等の開催などの行事、会誌・会報(ニュースレター)の発行

事業

目的を達成するに必要な事業

会費

学生会員
総合機械工学科  4年間  5,000円
機械科学航空学科 3年間  4,000円

通常会員     1年間  3,000円
(4年分前払いで1万円という制度は廃止しました。)

組織

役員構成
会長  1名
副会長 若干名
理事  8名以上30名以内
幹事  各研究室・卒年次毎2名
監事  2名以内
相談役 若干名

委員会(企画・編集・会計・HP名簿・機友会賞選考)

機友会の活動

1.総会

年1回
理事会 年6回(最近の実績)
幹事会 年1回
委員会 必要に応じて開催

2.機友会HP

・機友会活動の広報
・イブニングサロンや見学会開催の通知 等

3.WMEニュースレター

年2回発行

4.「企業OB役員と学生とのパネルディスカッション」

支援シンポジウム
「モビリティーシンポジウム」

5.大学稲門祭ホームカミングデーの開催時の懇親会

6.学生支援

特筆する課題・業績に対して機友会賞(特別賞・奨励賞・栄誉賞)
奨学論文賞

7.機友会公認サークル支援

エコランプロジェクト匠
ニッシェスキークラブ
宇宙航空研究会
ROBOSTEP
Waseda Formular Project

8.学事支援

新入生オリエンテーション(追分セミナーハウス)、理工学部ユニラブ